2017年05月23日

雲を眺めに逗子海岸 No.1195/2017.5.23(火)

1195-17-05-23_DP2-7877.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP2 Merrill)

暑くもなく寒くもなく、心地よい風が通り過ぎる、鮮やかな初夏の一日だった。
清新、生新、爽快、爽やか、新鮮・・・そんな言葉がぴったりだ。
一年のなかで、最も過ごしやすい時節だろう。

夕方、空はどんよりと雲が広がり、一見、晩秋のような案配だった。
富士の冠雪がだいぶ小さくなって、北斎の「凱風快晴」を思い浮かべた。
標準レンズ(45mm)しか持っていないので、ノイズ覚悟で、
大幅にトリミングをしてみた。
時折、浜辺で見かける写真愛好家が、立派な望遠レンズを
つけている気持ちがよくわかった。
日本一の山は、いつ見ても日本一である。

初夏/小満/初候(22候:5月21〜25日)
蚕、起きて、桑を食む。
日の出  4:32(前日  4:32)
日の入 18:45(前日 18:44)

posted by サンシロウ at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2017年05月21日

雲を眺めに逗子海岸 No.1194/2017.5.21(日)

1194-17-05-21_DP0Q-8990.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

すこし風が吹いていた。
夏のような陽気で、短パンで浜辺へ。
早いもので、きょうから小満。
庭の草木の色がどんどん濃くなってゆく。

初夏/小満/初候(22候:5月21〜25日)
蚕、起きて、桑を食む。
日の出  4:33(前日  4:33)
日の入 18:44(前日 18:43)

posted by サンシロウ at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2017年05月19日

雲を眺めに逗子海岸 No.1193/2017.5.18(木)

1193-17-05-18_DP0Q-8964.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

海面には波もなく、静かな夕暮れだった。
人工のもの、たとえば、水面に映る街路灯などを撮るのはなるべく避けているが、
今日の「灯り」は、なんだか趣があり、シャッターを押してしまった。
夕暮れから夜の闇へむかうひとときは、ほんとうに味わい深い。

NHKの<クローズアップ現代+>で、細胞の寿命をつかさどる遺伝子、
テロメアの紹介をしていたが、テロメアはストレスなどで減少して、
がんなどの病気を引き起こす一因になるらしい。
その予防策のなかに「夕陽などを見ること」という文章があって、
おもわず微笑んでしまった。

初夏/立夏/末候(21候:5月16〜20日)
竹の子、生ず。
日の出  4:35(前日  4:36)
日の入 18:41(前日 18:40)

posted by サンシロウ at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2017年05月16日

雲を眺めに逗子海岸 No.1192/2017.5.16(火)

1192-17-05-16_DP2-7812.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP2 Merrill)

今日も浜辺は閑散としている。
大型連休が過ぎ、みなさん、仕事に精を出しているのだろうか。
梅雨入りが近いことを知らせるためなのか、今日は白い空。
僕は、ほんとうのところ、この白い空が、実に好きである。
華々しい夕焼けもいいのだが、この白い空の柔らかさ、静けさは格別だ。
テレビのお天気キャスターは、晴天は正義、曇りや雨は悪、といった物言いをする。
唯一、渇水の時期の「恵みの雨」だけには、いい顔をしているようだ。
空を友だちとして見たことがないのかもしれない。
今日から立夏の末候だ。

愛用しているカメラのメーカーが発行している季刊の小冊子が届く。
そのなかで、ソール・ライターという写真家のことを知る。
2012年には、彼のドキュメンタリー映画が制作されたそうで、
タイトルは『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』。
なんだか、とても興味を引かれて、DVDと書籍を注文してしまった。
それにしても、いいタイトルである。
とくに「急がない」と「13」。

初夏/立夏/末候(21候:5月16〜20日)
竹の子、生ず。
日の出  4:36(前日  4:37)
日の入 18:40(前日 18:39)

posted by サンシロウ at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2017年05月15日

雲を眺めに逗子海岸 No.1191/2017.5.15(月)

1191-17-05-15_DP0Q-8844.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

今日の夕空は、どちらかと言うと、晩春の淡い色合いだった。
微風が頬をかすめる。
薄い雲が北へ流れて去ってゆく。

月曜のせいか、浜辺には、ほとんどひとけがない。
宮古・来間島の長間浜を思い出した。
今日で立夏の次候もおわり、明日から末候。

初夏/立夏/次候(20候:5月10〜15日)
みみず、いずる。
日の出  4:37(前日  4:38)
日の入 18:39(前日 18:38)

posted by サンシロウ at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

雲を眺めに逗子海岸 No.1190/2017.5.14(日)

1190-17-05-14_DP0Q-8802.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

夕方ちかくには晴れ間も見え、陽がさしてきた。
陽が落ちてから浜へ出てみたが、青一色の静かな夕暮れだった。

昨日、20センチほどの大きなミミズが姿をあらわした。
律儀に、立夏の次候「みみず、いずる」に合わせたのだろうか。
今日で、ちょうど、昼が夜より2時間も長くなった。
夏が、どんどん勢いを増してゆく。
昨日は、沖縄が梅雨入りしたという。

夜、スーパーへ買い出しに行ったおり、
目にとまった「新しょうが」を発作的に買ってしまった。
旬の野菜というのは、溌剌とした気を放っているように見える。
色白の細長い指のような形が、妙になまめかしい。
がり(甘酢漬け)に初挑戦だ。
そろそろ、らっきょうも出てくるころだ。

初夏/立夏/次候(20候:5月10〜15日)
みみず、いずる。
日の出  4:38(前日  4:39)
日の入 18:38(前日 18:37)

posted by サンシロウ at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2017年05月07日

雲を眺めに逗子海岸 No.1189/2017.5.7(日)

1189-17-05-07_DP0Q-8759.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

みごとな夕焼けだった。
大型連休の最終日にふさわしい、空からの贈り物。
浜辺にいた大勢の人たちが、空にむかってシャッターを切っていた。
夏には、こうした夕焼けがよく見られるが、
立夏にふさわしいと言うべきか。
七十二候では、「立夏-初候-17候:蛙、初めて鳴く」という季節だが、
昼間、庭の草の葉のうえで、トカゲがひなたぼっこをしていた。

初夏/立夏/初候(19候:5月5〜9日)
蛙、初めて鳴く。
日の出  4:44(前日  4:45)
日の入 18:32(前日 18:32)

posted by サンシロウ at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2017年05月06日

雲を眺めに逗子海岸 No.1188/2017.5.6(土)

1188-17-05-06_DP0Q-8733.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

風の強い一日。
部屋の中では、シャツ一枚でも汗ばむほどだ。
立春から本格的な春になるまで、ずいぶん時間を要したが、
立夏の声を聞いたら、即座に夏の気配になったのは、おもしろい。

逗子の写真集の編集を進めているが、参考資料で注文した本が届く。

「日本の七十二候を楽しむ」文:白井明大、絵:有賀一広
「旧暦と暮らす沖縄」文:白井明大、写真:當麻妙

とても良い本だ。編集に、細やかな配慮が行き届いているし、
ページから立ちのぼる、しっとりとした空気感に安らぎを覚える。
大いに参考になった。

初夏/立夏/初候(19候:5月5〜9日)
蛙、初めて鳴く。
日の出  4:45(前日  4:46)
日の入 18:32(前日 18:31)
posted by サンシロウ at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

雲を眺めに逗子海岸 No.1187/2017.5.5(金)

1187-17-05-05_DP0Q-8703-02.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

立夏に入った。
ここ数日、空の青さが鋭利になり、夏の来訪を告げているかのようだ。
鎌倉では赤潮が発生して、夜は夜光虫が見えたという。
夏の訪れは、嬉しいような、少し寂しいような、
もう夏が来てしまったのかという気分だ。

小川糸原作の「ツバキ文具店」をテレビドラマで放映していて、
毎週、つい観てしまう。
佳い人ばかり出てくるおとぎの国のようなドラマであるが、
「ビブリア古書堂の事件手帖」のTVドラマも、似たような雰囲気だった。
鎌倉、という古い町に漂う空気感がそうさせるのだろうか。
静かな暮らしを淡々と送るという「価値」に気づかせてくれる。

初夏/立夏/初候(19候:5月5〜9日)
蛙、初めて鳴く。
日の出  4:46(前日  4:47)
日の入 18:31(前日 18:30)
posted by サンシロウ at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2017年04月29日

雲を眺めに逗子海岸 No.1186/2017.4.29(土)

1186-17-04-29_DP2-SDIM7680.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP2 Merrill)

風と波がやや強い夕暮れ。
空は、なかば、灰青色の雲に覆われていた。
春の海、という言い方にふさわしい色合いだった。

昼間、天気がよかったので、懸案となっていた本棚組立に取りかかった。
コミック用の本棚で、左右60×天地90×幅17センチが2本。
電動ドリルのおかげで、1時間もかからずに完成。
四六判なら、問題なく収納できる。

そういえば、インターネットで、仏文研究者の桑原武夫の蔵書1万数千冊を廃棄処分にした図書館の副館長が減給処分を受けたという記事を見かけた。副館長は、桑原さんの蔵書の大半が一般の蔵書と重複していたので、目録を保存しておけばよいと考えらしいが、なんだか、少し同情してしまった。たしかに、先達の研究の道筋は貴重なものだろうが、果てしなく増えてゆく蔵書を管理するのは、どれほど大変なことか。白い化粧板の、完成した空っぽの本棚を見ながら、焼け石に水だなあとため息が出てくる。この本棚には、さいとう・たかを先生の「ゴルゴ13」を190冊ちかく収納することになっているのだが・・・。

晩春/穀雨/次候(17候:4月25〜29日)
霜やんで、苗いずる。
日の出  4:52(前日  4:53)
日の入 18:26(前日 18:25)

posted by サンシロウ at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸